硬い便に苦しむ娘の便秘対策

硬い便に苦しむ娘の便秘対策

 私の娘が4歳くらいのころに便秘になり、半年以上続きました。便が出るのは2日に1度で、頻度としてはひどいものではありませんでしたが、便が硬いので切れ痔になってしまいました。

 いつも顔を真っ赤にして、「かたいよー、いたいよー」と苦しみながらトイレで頑張っているわが子がかわいそうで、なんとかしてやりたいと思いました。やっとの事で便を出すと、今度は切れてしまったお尻の穴が痛くて泣くのです。傷口からばい菌が入ったらさらに大変なので、病院を受診しました。

 痔の患部に塗る薬はもらいましたが、便秘については、水分をとることと食事に気をつけることの指導を受けるくらいで、薬は処方されませんでした。もともとあまり水分をとらない子でしたので、先生に言われたように、なるべく声をかけて水分をとらせるようにしました。

 また、キャベツなど食物繊維が多い野菜を多く食事に取り入れるようにしました。そのほかに、幼稚園で大便をすることが恥ずかしくてがまんしてしまうことがあるということが分かったので、「それは全然恥ずかしいことではないし、がまんすることでお腹が痛くなったりするんだよ。」と言い聞かせました。

 また、娘は運動が苦手で腹筋が弱いことも便を出しにくいことに関係しているのではないかと考え、寝た状態から起き上がるような腹筋を使う運動も遊びの中に取り入れてみました。娘のストレスにならない程度にこれらのことを続けると、少しずつ改善し、2ヶ月くらいで気にならない程度になりました。その後、たまに便秘気味になることもありますが、長引かなくなりました。

↑ PAGE TOP