子供の便秘に悩んだ時について

子供の便秘に悩んだ時について

 小学校に入学してすぐ辺りから、お腹が痛いと子供が言う事が多くなり、色々と話を聞いても原因が解らないと言います。病院に行こうと言っても頑なに拒否してきて、病気だったら困りますから無理矢理連れて行こうとすると、子供が学校でウンチするのが嫌だから我慢してると言ってくれました。

 小学校に入学してから学校でウンチがしたくなっても、周りの目が恥ずかしくて我慢するという事はあったような気がしますし、子供もそういう事を意識するのだと気が付かされたものです。

 その事を周りのお母さん仲間の相談すると、小学校低学年位の時は学校でウンチをするのは嫌な子が多いと言い、お母さん仲間の子供達にもそういう経験があったとの事でした。

 食事内容を改善したり、朝にトイレに座らせる習慣を身に付けるようにさせて、対応していく事で、朝に排便が出来れば学校での大便の我慢に悩む事が減ってきて、便秘にもならなくなっていったものです。

 食事に関しては夜寝る前にお菓子等を食べさせないようにしたり、腸内に善玉菌を増やして腸内環境を改善出来るようにヨーグルトにオリゴ糖を混ぜて食べさせてあげる等の工夫を行い、食べる時にもよく咀嚼した方が便通が良くなる事からも、そうした事を意識して改善させていきました。

 1週間程度でも効果があったようであり、子供の便秘に関しては子供がコントロール出来るものではないですから、親側が食事内容を気を付けたり、生活習慣を見直す事によって改善出来ると感じます。

↑ PAGE TOP